FC2ブログ

たまちゃんの保存食

2008年01月の記事

沢庵 



去年11月末にプログを始めた時の第1弾で、
始めたのが「干し大根」でした。
その大根が無事?見事に「沢庵」になりました。
ありがとうございます。

今年の出来は、去年と同じです。
少々塩がキツい。歯ごたえは良し。おいしい!!
でも去年漬けた時と同じ様に、カビがついた。
なんでだろう?原因は分からないが、多分何かがいけないんだと思う。

写真を見て気づく人はあまりいないかとと思いますが、
デジカメでの撮影です。(今までは携帯カメラでした、、)
昨日、「とても優しいご主人様」?が買ってきてくれました。
今日の夕方から、取扱い説明書を片手にようやく、
アップロード出来やした(ホッ)

昨日のお相撲を見て熱くなった私は、今晩はちゃんこ鍋です。
今晩の「たまちゃん部屋ちゃんこ鍋」用に
椎茸を買いに行ったら、みかんをおまけでいただきました。
ごっつぁんです!!
スポンサーサイト

お漬け物 「胡瓜紫蘇」対決

200801261735.jpg

200801261736.jpg


先日、デパートで「胡瓜紫蘇」って言うお漬け物(写真 下)を
買ったのです。おいしかった。
こう言うモノ大好き!ご飯が進んじゃいます。

冷蔵庫の中が込み合ってきたから、
そろそろ整理しないとマズいと思い、整理していたら、
3年前に福島の土湯温泉に行った時に買った
「紫蘇の実の塩漬け」を発見。

で、これを使って自分で「胡瓜紫蘇」が作れそうだと思い、
作ってみました。(写真 上)
はじめは胡瓜と紫蘇の実だけで作ったのですが
それに、大根&生姜を足して、バージョンアップしました。
おいしく出来ました!
もちろんご飯のお供に。行くぞ~!!
お汁粉も作ってあるので、お汁粉のお供に。行くぞ~!
(おいおいどこへ行っちゃうの?、、22代官山?)

上(たまちゃん自家製)&下(買ったモノ)
さてさてどっちがおいしいと思います?




果実酒 どんぐり



果実酒ネタ続きで。
種酒にハマっていた頃、
スペイン料理のお店で飲んだどんぐりのリキュールがとてもおいしかった。
で、近所の公園に落ちていたどんぐりをウォッカで漬け込んでみた。
漬け込んで1年経ってます。全然いい香りもしない、、。
ウォッカの匂いしかしない、、しばらくほっておきます。


果実酒 りんごの種



数年前までは、よく色んな果実酒を作っていました。
それを、「おいしい~よぉ」と夜な夜な自分で飲んでしまっていたのです。
入れる氷砂糖を全部自分で飲んじゃっているのか、
これは体に良くないかと思い、しばらく封印していました!
最近なぜか、私の果実酒魂?に火が付いちゃいました。

これは「りんごの種」を漬込んでます。

15年前にイタリアの料理雑誌に載っていたのを
イタリア語辞書片手にフムフムと解読?し、始めたのが始まりです。

浮いている様に見えるモノが「りんごの種」です。
はじめに瓶にホワイトラム&氷砂糖を入れておき、りんごを食べる度に
ちまちまと種を入れていきます。
気の長いって言うか、根気がいるって言うか、ともかく「ちまちま」です。

我が家では、朝りんご&人参ジュースをご主人様がほぼ毎日飲んでいます。
りんご半分と人参1本。
ですから、2粒位のこともあるし、「今日は大漁!」8粒のこともあります。
もちろん面倒くさくって忘れちゃうこともあります。

この瓶で2ヶ月弱です。少し色付いている状態です。
「ちまちま」続けていくと1年弱で琥珀色になり、いい香りと共に完成です。
ホントにおいしいです。騙されたと思ってやってみて下さいまし。



ちっちゃ!



昨日お友達のおうちで、少し遅めの新年会がありました。
食べるモノもおいしく、お話もたのしく、お酒もおいしく、
楽しい集まりでした。
そこのおうちでお塩も入れ物に入っていたレンゲを見て驚き、つい「ちっちゃ!」と一言。
すごい小さいのです。2、3cmの黄色のプラスチックのミニレンゲ。とてもかわいかった。

それに対抗して、「ちっちゃ!干し椎茸」です。
お庭に干していた椎茸を見てたら、こんなにミニミニ椎茸を発見!

ゆず茶



最近では普通のスーパーなどでも「柚子茶」って売ってますよね。
お友達もよく飲んでいるって言うので、気にはなっていたのですが、
買ってまでは「?」と思っていました。
昨日テニスに行く途中、ゆずが売られていたので6袋購入し、
今朝作ってみました。
25個のゆずで、大小の瓶色々で5個出来上がりました。(写真は小瓶)
早速飲んでみました。おいしいねぇ。暖まるねぇ。こりゃいい。
ジャムと同じですから、他にも色々使い道有りです。こりゃいい。

生姜の佃煮



佃煮は、私の大好きなご飯のお供です。
特に朝飯でいただいたり、おにぎりの具にします。

今日は、生姜で作ってみました。
生姜の佃煮はおいしそうだと思って
前回、適当に作ってみたら、生姜辛くって「しょうがない」(また駄洒落か、、)
ネットで調べたら、茹でこぼすとか書いてあったので再挑戦しました。
今回はおいしく出来ました。大人の佃煮って感じです。




即席漬け



すぐき風のお漬け物を作ろうと思ったのですが、大きめの蕪が無かったので、
今日は、小振りの蕪で「即席漬け」です。かなりあっさりしてます。

2個の蕪を切って、葉は茎に近い所だけを刻んで、刻んだ昆布(2cm四方位)と
鷹の爪と柚子の皮と塩をひとつまみ。
これらを全部ビニール袋に入れて全体をなじませる様にして、空気を抜く感じで
袋をぎゅっと結び、冷蔵庫に入れておきました。

今日は朝仕込みましたが、晩ご飯の支度の始めにやってもいいかと思います。
その場合は、袋に入れてもなじませるためによ~くもみもみします。

もっと簡単にするなら、蕪に塩昆布だけでもいけます。
大根でも出来ます。お塩加減もお好みで、お醤油をかけてもいいし。
きゅうりでやるなら、生姜とお塩でもみもみ。ごま油を3滴入れると中華風?

簡単過ぎてすいません~っ。




果実酒 プルーン

果実酒 プルーン


去年の初秋、生プルーンのコンポートに思いっきり、はまってました。
プルーンって時期が限られているので、時期の終わりそうな時に買い込んで冷凍庫に入れて、コンポートが無くなっては冷凍庫から取り出しては作っていました。
もうプルーンはなくなっていると思っていたのですが、
冷凍庫で迷宮入り寸前のところ、発見しました~!隊長!?

と言う訳で、ホワイトラムで漬込みました。
まだ2日目ですので色がぼんやりしていますが、出来上がりにはきれいなプルーン色になる予定です。楽しみに待ちましょう。

左上のイエローとグリーンのモノは、「アクリルたわし」です。
お気に入りのモノです。

干し椎茸




年明け早々にまたまた「干し椎茸」を作ってます。
この写真で、4日目です。

toro(世界一かわいいうちの犬)のお散歩で毎日2回(朝&夕方)に
椎茸屋さん(近所の椎茸栽培の販売店)の前を通るのです。
トロもお年のせいか、とてもゆっくりじっくり臭いを確認しながら
歩いているので、椎茸屋さんのおじさんとも仲良しになってます。
年の始めに素通り出来ずに「ご祝儀買い!?」で買いました。
やさしいおじさんは、お年玉でしょうか?またもや「おまけ」してくれました。

自分で干して食べてみて、感じました。
今まで買っていた干し椎茸とは、全然違うのです。
戻した時の「におい」って云うのか、
干し椎茸の独特のくどさ?って云うのが無いのです。
干し方の何が違うのかは分からないのですが、
自然な感じでおいしいのです。ホントだよ~。



お雑煮 色々、、、




お正月気分も終わりにしなくてはいけないと思いつつも
「お雑煮」のお話です。

お雑煮は、それぞれの家庭、地方で色々と違いますよね。
私は東京出身です。
小さい頃から食べていたお雑煮は、
お醤油の鰹出汁に 四角い焼き餅、三つ葉、鶏肉、なるとでした。
うちの主人は、四国の高松です。これが大問題!!
白味噌仕立てに 大根 人参 ねぎ 鶏肉 そして!丸いあんこ!!入りのお餅。

数年前、結婚して始めて迎えるお正月は、東京で過ごしました。
当然、私が作るのは「東京のお雑煮」です。
主人はこのお雑煮に「なんじゃ~~!??こりゃ??」と。
翌年のお正月は、高松でお正月を迎え、ここでは「高松のお雑煮」です。
今度は私が「なんじゃ~~!??こりゃ??」と。
白味噌仕立てでお餅には「あんこかぁ!?」
かじるとお汁にあんこが溶けるぅ~~、、、。
「うむっ?しかし以外においしいじゃないのぉ」と私。

東京では、あんこ入りの丸餅なんて売っていないですから
毎年高松で買ってきます。
今晩も「お雑煮」です。あんこ入りの丸餅がある限りお雑煮は続きます。
あと3回分はあるね。


明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。